閑隅 T-Loafer








Loading...

台湾アート文化に触れてみる

閑隅は臨沂街に移転しました。
詳細はこちらをご覧ください。

 道行く人が足を止め、写真を撮らずにはいられない。そんな一風変わった外観の閑隅は若いオーナーが経営する雑貨店でありカフェです。ここにある品物はオーナーの徐さんを取り巻く人達が作ったものばかりで、それぞれデザイナーらしさを重視し環境にやさしく手作りの物にこだわっています。

 もともと不動産開発を勉強していた徐さんですが、人とのコミュニケーションが少ない大きなプロジェクトではなく、自分のコンセプトのお店で、質のよいものを作りたいという思いでお店を開店させました。

 たとえば天然素材を利用したクッション(1280元)。これには台湾らしい客家族のエッセンスも入っています。そして同じく天然素材でつくったがま口(780元)。あたたかい印象がしますね。ここには、他店ではあまりみないような個性的なものがたくさん見つかりますよ。

 現実から逃避してリラックスした時間を提供できるように、お店の外観や内装にも一工夫しています。たとえば誰もが足を止める外観。これはオーナーが友人と一緒に考えたもの。古い家を解体した時に残った材料を、リサイクルしています。店内も『生きている』感じを大事にする為に、1カ月に1回インテリアに変化をつけているのだそうです。

 そして物の提供とともに、空間の提供もしていきたいとの思いから、カフェとしての利用も可能です。いただけるのは、『香草檸檬蘇打(ハーブレモンソーダ/120元)』や『洛神花茶(120元)』など。ハーブはオーナー自身が栽培しているもの、洛神は台中から仕入れてオーナーが仕込む等、どちらも素材にこだわっています。これ以外にも南投産のお茶で年に1回しか採れない貴重な『小葉紅茶』や『白金烏龍茶』など、他ではあまり飲めないものも多数あります。

 康青龍をお散歩のあと、ちょっと休憩に、是非この台湾のデザイン感が楽しめる閑隅で台湾のアート文化に触れてみてくださいね。

住所 台北市大安区金山南路2段141巷20號
電話 0937-817-612
営業時間 12:00~24:00
定休日 なし
座席数 10席
最低消費 一人90元
言語 中国語・英語