學校咖啡館 Ecole café








Loading...

料理自慢のカフェで、まったりとしたひとときを

 大きな窓からたくさんの光が差し込み、ゆったりとした時間が流れる學校咖啡館 Ecole caféは、オーナーの「30歳以上の大人が、ゆったり楽しめる居心地の良いカフェが欲しい」という思いから誕生しました。開店当時、台湾には美味しい食事やお酒を楽しめるカフェが少なかった為、料理や飲み物に力を入れたというこのお店のメニューは、全部で60種類にものぼります。またこの學校咖啡館の名前の由来は、お客さんと一緒にコーヒーショップも学び成長していきたいという願いからです。実際、開店以来ずっと通い続けてくれているお客さんもいるそうです。こちらのカフェでは、映画鑑賞会や、ライブ、展示会など様々なイベントも催されているため、カフェだけでなく台湾カルチャーを学ぶ場としても良いのではないでしょうか。

 力を入れていると言うメニューの中で、今回ご紹介するのは『德式香腸特餐(ドイツソーセージセット)/250元』です。こちらはジューシーなソーセージをメインにサラダと特製のフォカッチャがワンプレートにまとめられています。サラダのドレッシングもオイルとビネガーベースのドレッシングでとてもさっぱりとした味わいです。そして特製のフォカッチャは永康街のパン屋さん『小珍珠』に特注したものです。バジルの香りが爽やかで、カリッとした歯ざわりですよ。

 次は『燻鴨胸帕里尼(スモークダックのパニーニ)』。さくさくのパニーニの中にスモークダックが入っています。外はカリッ、中はモチッの感覚がとても楽しいですね。

 またドリンクもホットからアイスまで種類が豊富。定番はやはり『卡布其諾(カプチーノ/140元)』ですが、ジュースでは『紅蘿蔔汁(キャロットジュース/170元)』はいかがでしょう。オリーブオイルと塩がかくし味です。想像するようなキャロットジュースとは異なり、飲みやすくほのかな人参の香りがします。とてもヘルシーですね。そして『荔枝啤酒(ライチビール/180元)』は、言わずと知れた台湾のビール。甘すぎずさっぱりしていて、ビールの風味とライチの風味がマッチします。夏に美味しいビールですね。

 ここへ来るお客さんは年齢層も幅広く、みな思い思いの時間を過ごします。美味しい料理と、豊富なドリンクを明るい店内でのんびりいただくと言うのも贅沢ですね。

住所 台北市大安区青田街1巷6號
電話 02-2322-2725
営業時間 月~木:8:00~21:00
金:8:00~22:00
土:9:00~22:00
日:9:00~21:00
定休日 無休
言語 中国語・英語