鹹花生咖啡館 Salt Peanuts









Loading...
※お店は2014年に下記の住所に移転しました。紹介文と写真は移転前のものとなります。

新しいアーティストが生まれるかも
料理自慢のカフェ

 以前台北日和でもご紹介した事のある『鹹花生咖啡館  Salt Peanuts』は、賑やかな師大夜市の路地裏にあります。ニューヨークの小さいカフェを彷彿とさせるこのカフェの自慢は料理。『カフェに美味しいものはない』という当時の台湾人の概念に挑戦したかったと言います。レトルトの商品は、一切使用しないというポリシーをかたくなに守りぬき、ヘルシーで環境にやさしいものにこだわって地元農家と提携した食材で作った料理はとても評判があります。

 今回頂いたのはブランチの中から、『獻花生太陽蛋早午餐(Salt Peanuts 特製 目玉焼きブランチ/290元)』です。一日中食べられるこのブランチは、ボリュームもたっぷり。しゃきしゃきとした新鮮野菜のサラダ、スープ、ジュース、自家製パン、放し飼いの鶏の卵で作った目玉焼き、ヨーグルトそしてコーヒー、紅茶または豆乳がつきます。どれも素材の味がしっかりしていてヘルシーです。

 次は、たくさんあるドリンクの中から『黃金歲月芒果百香綜合水果茶(マンゴーとパッションフルーツのティースムージー/160元)』です。マンゴー、パッションフルーツなどの果物と、ドイツのB&G社の茶葉が入ったスムージーです。爽やかな味わいは疲れた体にも染み入りますので、お買い物の合間のひと時にもぴったり。そしてデザートは『蘋果派(アップルパイ/100元)』。あたたかいアップルパイは、甘さとサクサクした生地のバランスがよく食が進みますよ。

 メニューは半年に一度のペースで変更、特にデザートは2週間に一度の割合で変更しているそうです。

 そしてこのお店のもうひとつのこだわり。それは若いアーティストたちに展示の場所を提供する事。お店には展示エリアがあり、ここでは主に学生の台湾人アーティストの作品が楽しめます。ここで食事やドリンクを楽しみ、台湾のアートに触れる。それもまた、台湾文化に触れあう事のできる良い機会ですね。

 このお店は、男性客も女性客も、ひとりで訪れたお客さんも、ゆったりとした自分だけの時間を楽しみます。オーナーは『リラックスして自由な感じを味わいに是非来てくださいね』と語っていました。

住所 台北市大同區迪化街一段197號
電話 02-2557-8679
営業時間 10:15~18:00
定休日 不定
予約 できれば予約を
座席数 40席
最低消費 一人一品
言語 中国語・英語