基隆廟口夜市徹底攻略ガイド 台湾遊透隊 調査報告書 No.35
 

天婦羅(屋台番号:16)

天婦羅(屋台番号:16)
お店の外観
お店の外観

 基隆廟口夜市は基隆漁港に近いことから海鮮物を主体とした小吃が多く、このお店も基隆で水揚げされた海鮮物を使っています。お店のメニューは60年間変わることなく天婦羅一つのみ。天婦羅に対して絶対の自信をもっているからこそ他のメニューは必要ないのです。

 台湾の天婦羅は日本のさつま揚げに近いものです。天婦羅の材料はサメ。すり身状にして片栗粉と小麦粉を加えて一枚一枚丁寧に揚げられています。黄金色にカラッと揚がった天婦羅の香りは食欲を刺激すること間違いありません。

メニューは天婦羅だけ
メニューは天婦羅だけ

 全て注文を受けて揚げるので、揚げたてを食べられるのも魅力の一つ。揚げたての天婦羅はモチモチとした歯ごたえ、鮫の身は臭みもなく淡白な味で、ほんのりとした甘さがあります。お店オリジナルの甜辣醤(スイートチリソース)をかけて、シャキシャキのキュウリと一緒に食べるのが昔ながらの食べ方です。1人前(4枚)は35元で、お持ち帰りもできるので、お土産に買って帰る人も多くいます。お持ち帰り用は大小あり、小は70元(8枚入り)、大は140元(16枚入り)。当日、食べられない場合は冷蔵庫に入れておけば1週間ほど持つので、オーブンか電子レンジで温めなおして食べてくださいね。


お店の場所をチェック

前のページへ戻る このページのトップへ 次のページへ進む