写真ギャラリーはこちらをクリック(最新ブラウザではギャラリーはこの上部に表示されています)

 兌悅門の隣にある小さな路地、信義街には最近、個性的なカフェがたくさん集まり、様々なカラーの文化が生まれています。「Fat Cat Deli」は、2013年7月にオープンしたばかりのカフェ。オーナーは香港からはるばるやってきた若い方で、その昔、台南を旅行で訪れた際、ここの生活リズムがとても気に入り、ここに住もうと決めたのだそうです。彼は香港では少しばかり名の知れた独立バンドのオーナーで、自分の楽器やCDのコレクションを全て運んできて店内に展示し、さらに3匹の猫も一緒に連れてきて、心の中に描く理想的なカフェを作りました。猫好きであることから、店名もインディミュージックのブラント「Fat Cat Deli」にしました。

 築5~60年になる古い建物は、元々は2つの家で、それぞれの元々の間取りを残しつつ2軒の空間を繋ぎました。台南の古民家らしい狭く急な階段は、レコードや書籍を展示するための空間になり、その階段を登った2階には、オーナーが心を込めて作り上げた快適な空間が広がります。

 メニューもオーナーの好み。オーナーが好きな食べ物をそのままメニューにしてお客に提供していて、どれも「Fat Cat Deli」の個性が表れています。

 「青醬起司普切塔(バジルとチーズのブルスケッタ)」(130元)は、パンにオーナー自ら栽培したバジルで作った自家製のソースを塗り、パルメザンチーズとモッツァレラチーズをかけました。新鮮なバジルソースと良い香りで濃厚なチーズがコラボしたパンはサクッとした食感で、とても美味しいです!

 「特製蘇打(特製ソーダ)」(130元)は、オーナーのオリジナルミックスで、新鮮なグレープフルーツ、ミント、スイートバジルを入れ、さらに塩でグレープフルーツの甘みを引き出しています。台南の灼熱の暑い日にぴったりの飲み物ですよ!

 「阿法奇朵(アフォガート)」(130元)は本場のイタリアンデザートで、バニラアイスクリームの上にエクスプレッソコーヒーをかけ、さらにlotusのキャラメルビスケットを砕いたものをコーヒー粉と一緒にアイスクリームに混ぜて楽しみます。濃厚なミルクとコーヒーの香りを楽しんでいると、とても幸せな午後のひとときが過ごせます。その上、猫が時々横切ったりと「Fat Cat Deli」に来たら、素敵な空間の中で午後の時間をゆったりと楽しめますよ!

店名 Fat Cat Deli
住所 台南市中西區信義街 114 號
電話 0937-788-010
定休日 水曜
営業時間 日~木 11:30-20:30/ 金土 11:30-22:00
地図


<< PREV
NEXT >>