台14線で合歓山へ

 
盧山温泉

盧山温泉

盧山温泉といえばこの吊り橋
盧山温泉といえばこの吊り橋

 廬山温泉は、南投県仁愛郷精英村にある台湾最高所の温泉で、夏は避暑地、冬は湯治場として人気があります。古くは日本統治時代前に発見されていて、当時、ケガをした動物が温泉水に浸かった後、あっという間に治癒したことで、温泉の効能を知った原住民が利用するようになったのが始まりと言われています。日本統治時代は、「富士温泉」と呼ばれ、明治温泉、桜温泉と共に中部3大温泉とうたわれたそうです。その後、蒋介石総統がこの地を訪れた際、中国の名山廬山の風景に似ていたため、現在の「廬山温泉」に改称されました。

 泉質はアルカリ性炭酸泉、無味無臭、無色透明で、リューマチ、神経痛、胃潰瘍、糖尿病などに効果があると言われています。

 温泉街はそれほど広くはありませんが、タイヤル族の原住民料理や山の幸を豊富に使ったグルメが楽しめます。また、廬山吊橋横にある老舗「櫻花小米麻糬」のお餅は50年もの歴史があり、今では廬山温泉の顔となっています。

 台湾屈指の名湯として名を馳せてきた廬山温泉ですが、2009年に発生した「八八水害」では甚大な被害を受けました。復旧工事が一通り終わり、これからといった矢先の2012年6月、再び集中豪雨が襲い、濁流に多くの希望が呑みこまれました。その後、大きな堤防を築いたりと何とか再建し、現在に至っています。

小吃や温泉店が続きます
小吃や温泉店が続きます
河沿いの遊歩道
河沿いの遊歩道
最も源泉に近い温泉
最も源泉に近い温泉

昼より夜の方がにぎわいます
昼より夜の方がにぎわいます
野菜料理
山の野菜料理
廬山で捕れた川海老の唐揚げ
廬山で捕れた川海老の唐揚げ



Loading...
スポット名
盧山温泉
住所
南投縣仁愛鄉精英村
電話番号
なし
アクセス
台湾高速鉄道台中駅からバスで約1時間半


次のページへ進む このページのトップへ 次のページへ進む