台14線で合歓山へ

 
紙教堂Paper Dome

18度C巧克力工房

18度C巧克力工房
18度C巧克力工房の外観

 このお店は、最近、埔里の街をにぎわしているおしゃれなチョコレート店です。お店の始まりは2006年にオープンしたオンラインショップ。2007年に埔里に店舗をオープンしました。店名の18度はチョコレートの生産や管理に最適な温度だそうです。最初の商品はチョコレートだけでしたが、果物を使ったアイスクリームやピザショップも増えて、埔里で外せないスポットのひとつになっています。

65%情人生巧克力
65%情人生巧克力

 チョコレートで人気なのは65%情人生巧克力と麥芽糖醇生巧克力のふたつ。65%情人生巧克力はカカオ分65%の生チョコレート。苦みと甘さのバランスがよく、上品な味わい。口の中でまろやかにとろけますよ。麥芽糖醇生巧克力は麦芽糖を使ったユニークなチョコレートです。

 ピザショップでは台湾ならではのメニューもあります。「紹興香腸披薩(紹興酒入りソーセージピザ/360元)」は紹興酒入りの台湾風ソーセージを使ったピザ。ジューシーなソーセージに葱とにんにくが入っているのが台湾らしいところ。こってりした味わいのなかで葱とにんにくのピリッと辛いのがアクセントになっています。「夏威夷披薩(ハワイアンピザ/280元)」はパイナップルがのった夏らしいピザ。甘さとしょっぱさの絶妙感が大人にも子供にも人気です。

 チョコレートもさることながら台湾の果物を使ったアイスクリームも見逃せません。阿薩姆奶茶(アッサムミルクティー)+馬告鹽之花(山胡椒アイス)+瓜納拉之心(ヴァローナチョコレート)は2013年台湾アイスクリーム職人コンテストで優勝した組み合わせ。特に馬告鹽之花は台湾原住民が使う山の胡椒を使っていてピリッとした香りが刺激的です。それぞれの素材を活かした風味は王座の味わいですよ。他にも台湾ならではのパッションフルーツやマンゴー、ライチを使ったアイスクリームもあり目移りしてしまうこと間違いありません。

ピザショップ
ピザショップ
紹興香腸披薩
紹興香腸披薩
阿薩姆奶茶+馬告鹽之花+瓜納拉之心
阿薩姆奶茶+馬告鹽之花+瓜納拉之心



Loading...
店名
18度C巧克力工房
住所
南投縣埔里鎮慈恩街20號
電話番号
049-2984863
営業時間
10:00-22:00
定休日
なし
Web site
http://www.feeling18c.com/
アクセス
台湾高速鉄道台中駅からタクシーで約50分


紙教堂Paper Dome

紙教堂Paper Dome
紙教堂Paper Dome

 紙教堂Paper Domeのある桃米は自然の豊富な小さな村です。1999年に発生した921地震の後に政府やNGO団体などが協力して、新たな教育学習の場となるため様々な活動をしています。敷地内には手作りお土産を販売するブースやコーヒーやジュースを販売する小さなお店もあります。

 このペーパードームは神戸市長田区のカトリックたかとり教会にあったものです。教会は1995年の阪神・淡路大震災で聖堂が全焼し、1995年9月17日に平賀信孝氏の設計により紙管を使った仮設聖堂が建てられました。この仮設聖堂は復興の拠点となり、2005年まで使用されました。解体を前に、震災の経験を通じた台湾の方々との交流で、埔里鎮に移築が決まり2008年に移築しました。現在では神戸と台湾の震災復興交流の中心となっています。


紙教堂Paper Domeの内部
紙教堂Paper Domeの内部
自然豊かな敷地内
自然豊かな敷地内
休憩所
休憩所


Loading...
スポット名
紙教堂Paper Dome
住所
南投縣埔里鎮桃米里桃米巷52-12號
電話番号
049-2914922
開園時間
9:00-20:00(休日は21:00まで延長)
入場料
100元(園内で100元分のクーポンとして使用可)
定休日
なし
Web site
http://paperdome.homeland.org.tw/
アクセス
台湾高速鉄道台中駅からタクシーで約45分


廣興紙寮

廣興紙寮の外観
廣興紙寮の外観

 埔里酒廠にもあるように埔里は古来より水資源に恵まれており、豊富、かつ清らかな水が欠かせない製紙産業にはもってこいの地で、日本統治時代に埔里が紙造りの重点地域に指定されたのは、ごく自然なことでした。

 全盛期には60軒を超えた製紙工場も、戦後は大資本に吸収合併され、一時は10軒を下回るまでに衰退しました。技術と時間が必要とされる、手漉きの紙造りは時代遅れと見なされつつあったのです。しかし、かつては台湾の「紙の故郷」と呼ばれた埔里。その名を汚してはならないと、建設されたのが廣興紙寮です。

 製紙企業に併設されたこの博物館は、紙に関する資料を収集、展示し、歴史、製紙技術などの教育普及活動を実施しています。また力を入れているのが、手すき紙教室。こうぞを原料とした伝統的な紙すきを体験することを通じて、一枚の紙の貴重さを実感してもらうことを目標としています。


Loading...
スポット名
廣興紙寮
住所
南投縣埔里鎮鐵山里鐵山路310號
電話番号
049-2913037
営業時間
9:00-17:00
定休日
旧暦の12月28日から大晦日
Web site
http://www.taiwanpaper.com.tw/
アクセス
台湾高速鉄道台中駅からタクシーで約50分


次のページへ進む このページのトップへ 次のページへ進む