先日、石碇散策へ行ってきました。地図がすべての行き先となります。





 待ちに待った、石碇小旅行の日がやってきました。私たちは、旅の交通手段として便利な遠銀の高級車チャーターサービスを利用することにしました。約束の時間にホテルのエントランスに行くと、すでにドライバーさんが私たちを待っていました。



 遠銀高級車チャーターは事前に旅旅台北で予約することができます。行きたい場所、スケジュールを自分で決めることができ、人数によって違ったタイプの車を用意してくれるので、友達同士はもちろん大家族での旅行にも便利ですよ。予約が済んだら、ドライバーさんの連絡先、当日のカーナンバーを受けとります。指定した場所で、ドライバーさんがプラカードを持っているので、すぐにわかりますよ。




 今回利用したのは、最大8人まで乗ることができる快適なT5タイプの車でした。ミネラルウォーターや傘など、きめ細やかなサービスも充実していて、安心です。それでは石碇に出発!

 台北市内から石碇山エリアまでは、車で約30分ほどで到着します。山に入ると大自然の新鮮な空気に包まれます。最初に立ち寄ったのは、深い山奥にある「許家手工麵線」です。


 



 今日は、手作り麵線を体験しにやってきました。おいしい麵線がどんな過程で作られるのか楽しみです。許家手工麵線のこだわりは、科学色素や香料、防腐剤を一切使用しないこと。天然の食材を使った伝統製法で作られる麵線は、モチモチとした柔らかい食感が特徴です。





 キラキラした太陽の日差しの下で、真っ白な麵線がゆらゆら揺れる様子は、最高のシャッターチャンスですよ。ちょうど職人さんたちが、麵線を振りながら引き延ばし始めました。その光景についつい目を奪われます。




 今度は私たちが麵線作りに挑戦です!(250元/一人、ミニマムチャージ50元)まず、オーナーから許家麵線の歴史や、製造過程について説明を受けます。その後、1本の生地を長く長く引き延ばしていく作業がはじまります。強くしなやかな、こしのある麵になるよう、ゆっくりと慎重に…。

 麵に情熱を注ぐオーナー曰く、「こしのある麵は、縄跳びもできる」とのこと。





 ちょっぴり遊んだあとは、鉄の棒を使って、麵を振りながら延ばす作業に入ります。オーナーが丁寧に説明してくれたおかげで、スムーズに延ばすことができました。実際に体験してみて、麵を作る作業は本当に難しいと実感しました。感謝して食べないといけませんね。



 引き延ばした麵は、太陽の下、もしくは室内で熱風を吹きかけ乾燥させます。私たちが作った麵を乾燥させている間に、お店いちおしの「胡麻麵線(ゴマソーメン)」をいただきましょう! 白い麵と紅麹味の紅い麺に、きゅうり、のりをのせ、ゴマだれをかけていただきます。モチモチとした爽やかな口当たりで、夏の暑さも吹き飛びますよ。

シンプルな胡麻麵線ですが、予想以上のおいしさですよ。ぜひ一度試してみてくださいね。

その他に「茶油麵線(茶油ソーメン/50元)」もおすすめですよ。 麵の後のお楽しみは「桂花冰淇淋(キンモクセイアイスクリーム/40元)」です。石碇エリアはキンモクセイの産地として有名です。キンモクセイの香りがほのかに漂い、さっぱりとした甘さで、こちらも夏にぴったりの一品ですよ。





食べ終わる頃には、先ほど干した麵がそろそろ出来上がる頃です。自分で作った麵を袋にいれて、これにて麵線手作り体験終了。お土産までできて、大満足です!

自分で作った分だけでは足りない…というときは、販売コーナーへ。いろいろな味があり、自宅用とプレゼント用の2種類あって便利ですよ。



最終更新日:2015年06月30日
取材は2015年04月に行いました。
内容が古くなっていることもありますのでご了承ください。

  このページのトップへ 次のページへ進む