龍羽老師の台湾開運の旅|台北遊透隊|旅々台北

  • 店名:
  • 先天世界刀療協会
  • 住所:
  • 台北市農安街2巷3號
  • google.map
  • tel:
  • 02-2585-0499

台湾にはベジタリアンが多い

私のところには仕事柄、占い関係者がよくきてくれる。台湾は、東洋系占いにおいて、レベルがかなり高い、と言われている。そのため、真剣に占いに取り組んでいる人にとって、台湾では、占い本を購入したり、台湾人占い師と交流を求めたり、ということでの来台だ。それで、そのような人たちが来台した時に、よくお連れするレストランが、今回紹介のベジタリアンレストランの蓮池閣だ(占い師にはベジタリアンが多い)。特に女子受けがよく、みなさん感動してくれる。

ここの特徴は一言で言うと、ブッフェスタイルで、きれいに並べられた料理は、まるでホテルのブッフェコーナーのようだ。そして、ここがベジタリアン料理だ、ということは、言うまでは誰も気が付かない。そのくらい見た目は綺麗で美味しそうなのだ。店の雰囲気も明るいし清潔感にあふれている。ただ、ちょっと変わっている点と言えば、インテリアで展示されている絵や置物などが、観音様だったりすることくらいか(笑)・・・

ベジタリアン料理のことを、中国語では「素食」という(日本語では精進料理だよね)。そもそも台湾は、宗教的な理由からベジタリアンの人が多いのだ。それで、街のあちこちでも「素食」の看板を見かけることができる。また、台湾系の飛行機に乗ると、機内食にちゃんと「素食」が用意されている(事前申し出が必要)。

そのような状況なので、ベジタリアンの人にとっては、諸外国に比べたら比較的不自由なく過ごせる環境に台湾はあるとは思う。私はベジタリアンではないが、特別な占いをする時など、最低24時間はベジタリアンになったりする(どういうわけか、そうすると第六感が冴えるので)。

見た目にはわかりません

しかし、残念なことに、ベジタリアンレストランって、どこもイカしていないのが現状。レストランというよりは食堂が多く、店の雰囲気も見た目もパッとしない。まぁ、しょせん肉や海鮮という本来なら主役になる料理がないのだから、地味になってしまっても仕方がないのもわかるのだけど・・・

今回紹介の蓮池閣は、冒頭にも書いたように、そんなベジタリアン食堂の地味な雰囲気を一掃する洒落たレストランなのだ。

そして、きれいにディスプレイされた料理を見て、絶対にあなたは「うそ!どこがベジタリアンなの?お刺身やお肉があるじゃない~」と思うに違いない。そう、確かにパッと見は、刺身や肉らしきものが並べられているのだ。刺身の大皿の横には、お醤油やワサビも用意されているしね。

でもね、これら刺身も肉も、全部よくできた「モドキ」なのだ。刺身モドキは、多分こんにゃくが主成分だと思うし、肉は、キノコ類かな?こんな風に元の素材をあれこれ想像しながら、好きなものを好きなだけお皿に取ってくるブッフェは、かなり楽しい♪

もちろん、「モドキ」ばかりではなく、普通の野菜料理もある。ちゃんと、冷菜、サラダ系、温料理、麺類、ご飯類、点心、と、何でもありだ。スープも何種類もあるが、これはちょっと日本人には厳しいかも。身体にはかなり良さそうなのだが、漢方系が多いので、口に合わない確率高し・・・薬膳が好きな人にはいいかもしれないけど。

並べられている料理以外に、特別料理をお店の人がテーブルまで持ってきてくれる。その時によって違うのだが、この取材の日は、ピザとエスカルゴもどき(多分エリンギ)だった。冬だと鍋料理なんてこともある。

店の奥の方にはカウンターがあり、ここで、ラーメンとか餃子などを作ってくれる。ここで作ってもらう一番のおススメは、手巻き野菜巻き。これは、手巻き寿司の中身が、いろいろな野菜、というだけのものなんだけど、やたら美味しい。ただし、これは作ってもらってからすぐに食べないと、のりが野菜の水分を吸ってしまい、ヘタるのでご用心。

甘いものはベツバラ

とにかく珍しいものがいっぱいなので、どれもこれも卑しく口に入れたくなってしまい、困るのよね。そして自分に言い訳しているの「大丈夫よ、少しくらい食べ過ぎたって、みんな野菜なんだから・・・」ってね!

あと、女子はやはりデザートが必須。これも豊富にあり自信をもってお勧めできる。ケーキ類、ゼリー系、和菓子系、アイスクリーム、アイスキャンディー、と一通りそろっている。どれも甘さ控えめなので、お腹パンパンなのに、なぜか食べられてしまう自分が怖い・・・アイスキャンディーは、記憶の片隅にあった食べたことのある味、すごく小さい頃、こんなの食べたよね~みたいな素朴さに、嬉しくなってしまった♪

ベジタリアン主義でない人にとってのベジタリアン料理って、どうも物足らない、とかなんか寂しいイメージがあるかと思うけど、ここ蓮池閣は大丈夫。絶対に満足感が得られます!連日の中華料理でちょっと胃腸がお疲れ気味の時とか、野菜不足の時、そして、台湾のベジタリアン料理に興味がある方、ぜひ、行ってみてください。驚きと感動をあなたに与えてくれること間違いなし!運気も急激にアップしそうな、龍羽イチオシレストランよ。

※編集部より

一般的に素食レストランではアルコール類の提供はありませんのでご注意ください。蓮池閣では少人数が少量の飲酒をする場合に限り、申し出ると提供してくれます。